せどりや転売ビジネスのメリットデメリット

最近では副業を認める企業も増えており、多くの人が副業に興味を持ち始めています。そんな副業の一つとしてせどりや転売と言われるビジネスがあります。これは商品を仕入れて販売し、その差額を儲けとして稼ぐ方法です。
これは広い意味では小売業と同じですが、せどりや転売ビジネスと言われるのは、実店舗なしでネット販売でこれを行う方法で、店舗を準備するための資金等が不要で、副業に適しているビジネスとしてこう呼ばれているのです。

せどり・転売ビジネスには大別すると、小売店や問屋から仕入れた新品を転売する方法と、中古品を仕入れて転売する方法があります。前者は特商法に抵触しないようにサイトでの商品PRから発送・代金回収等を行えば、誰でもすぐに始められます。
一方で、中古品を転売する場合には、古物商の資格を取得する必要があり、この資格がないまま転売ビジネスを行うのは法律違反となるので注意が必要です。せどりを始める場合には、やはり新品を扱うのがおすすめと言えます。

さて、このせどり・転売ビジネスを副業とするメリットとしては、まず資金額に応じて小規模に仕入れて行う事が出来ますし、販売するタイミングも全て自分で決める事が出来る自由度の高さが上げられます。
中古品では仕入れた物が盗品であるリスクや、販売した相手方と商品内容に関してトラブルが生じやすいものですが、新品を扱っている限り、トラブルが生じにくいメリットがあります。リスクが少ない事で利益見通しが立てやすく、また赤字や損失を抑えやすい事もメリットと言えるのです。
さらに人気のある商品を仕入れ、出品することができれば、即日完売できる可能性もあり、高い利益を得る事も可能な点も大きなメリットです。こうした商品をいかにして仕入れられるかが腕の見せ所で、副業としての醍醐味とも言えるポイントです。

一方でせどり・転売を副業として行う際のデメリットや注意点としては以下のポイントが上げられます。まず商品を仕入れるためには資金が必要で、利ザヤを20%取ったとして10万円稼ぎたいなら50万円の資金で仕入れを行う必要がある点です。あくまで副業として行う場合には、万が一何らかのトラブルに遭遇して失敗しても、生活に支障が出ない範囲の資金で始める事が大切です。
また商品の仕入れ先は、商品群によって当然変わるため、経験を積みせどりに向いている商品を見つけ、仕入れ先等を絞り込まなければ、手間ばかりかかって儲からない結果となる事があります。やはり商売センスが必要なのです。
さらに商品の発送業務も思いの外に面倒で手間がかかるので、その点も十分認識して始める事が大切です。

一般的にせどり・転売を行う際には、AmazonのFBAやフリマサイトのメルカリやフリル等を活用するのが一般的です。しかしマニアックな商品等ではマニアの集うサイトの活用が効率的ですが、こうしたサイトを活用する場合には、口コミ等をしっかりとチェックし、詐欺等の事故が発生した事のないか、しっかり確認する事が必要です。

特商法に抵触しない商品訴求をする事、仕入れで詐欺にあわないように注意する事、詐欺事件等がない安全なサイトを選ぶ事等に注意し、自分の目利きで利ザヤを稼ぐ楽しみが持てる副業として実践したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする